例年2月中旬から3月下旬に万葉公園の斜面で、約50本の河津桜が濃いピンク色の花を咲かせます。

河津桜の特徴は、オオシマサクラ系とカンビサクラ系の自然配合と推定されています。落葉高木で河津桜の開花は、その年の気温に左右されますが、1月下旬から2月上旬に花を咲かせ、ほぼ1ヶ月間と長期にわたります。昨年、印西市の河津桜は3月中旬に満開を迎えました。

公園内には、万葉集に詠われている植物が160種類あります。南エントラスから100万年の丘広場へ続く散策路を万葉集の和歌・草木を楽しめます。

また、園内には木下貝層があります。およそ10万年前の地層で、当時の関東平野は「古東京湾」と呼ばれる海でした。貝層が化石になっていることは珍しいということです。平成14年3月19日、国の天然記念物指定されました。

公園内の散策や写真撮影などのんびりとまわってみてはいかがでしょうか。

場所
印西市木下1944番地
  • JR成田線「木下駅」徒歩15分
  • 北総線 印西牧の原駅から「ふれあいバス(中ルート)」木下小学校下」約徒歩10分
駐車場
  • 竹袋交差点側駐車場
  • 木下交流の杜広場駐車場
 

お問い合わせ

印西市観光情報館

時間…10時~18時(電話は9時から)

TEL:0476-45-5300